現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 子ども・家庭 > 子育て支援施設 > 保育園 > 新型コロナウイルス感染症関連情報(保育園) > 【10月1日から12月31日まで】新型コロナウイルス感染症対策のための休園等の対応について

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

【10月1日から12月31日まで】新型コロナウイルス感染症対策のための休園等の対応について

在園児・新入園児の保護者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から保護者のご希望により休園とする場合、区では現在、9月末まで休園できることとしていますが、下記のとおり休園できる期間を延長対応することとします。

  • 通常、3か月を超えて休園する場合退園となりますが、下記休園届を提出することで在園が保証されます。
  • 通常、育児休業からの復職で入園された場合入園月に復職することとしていますが、下記復職延長届を提出していただくことで復職月を延期することができ、在園が保証されます。

対象児童

認可保育園、認定こども園、港区保育室、小規模保育事業、事業所内保育事業(地域枠)、居宅訪問型保育事業に在籍している児童(新入園児を含みます)

実施期間

令和2年10月1日から令和2年12月31日までの最長3か月間

※休園等の対応を1月以降も延長する場合は、11月末までにお知らせします。

対応内容

(1)「新型コロナウイルス感染症対策による休園届」を前月25日までに受理した場合、1月ごとに休園を認めます。

(2)「新型コロナウイルス感染症の影響による復職(就労開始)延長届」が提出された場合は、復職(就労開始)月の延期を認めます。

10月休園届提出 11月末までに復職(就労開始)をしてください。
11月休園届提出 12月末までに復職(就労開始)をしてください。
12月休園届提出 1月末までに復職(就労開始)をしてください。

保育料(利用料)及び給食費の取り扱い

休園届を期限内に提出し休園した場合、保育料(利用料)及び給食費は徴収しません。ただし、月の途中で休園を取り下げる場合には、月額分を徴収しますのでご留意ください。

届出が25日を過ぎた場合、保育料(利用料)及び給食費を徴収します。郵送の場合、締切日必着となります。

また、区外にお住まいで港区内の保育園に在園している児童及び港区にお住まいで港区外の保育園に在園している児童は、徴収の有無、届出の締切り及び方法など港区と対応が異なります。

区外にお住まいで港区内の保育園に在園している児童

保育料:徴収免除の有無や届出方法は居住自治体により対応が異なるため、居住自治体にご確認ください。

給食費:区立保育園在園児の場合、港区に休園届を提出いただければ徴収しません。私立保育園在園児は、各保育園にご確認ください。

区外にお住まいで港区内の地域型保育事業を利用している児童

利用者負担額:お住まいの自治体により対応が異なりますので、お住まいの自治体にご確認ください。

港区にお住まいで港区外の保育園に在園している児童

保育料:港区に休園届を提出いただければ徴収しません。

給食費:保育園の判断によるため、各保育園にご確認ください。

必要書類

育児休業から復職予定で、復職予定日を延期し休園する場合

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による復職(就労開始)延長届(PDF:90KB)

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による復職(就労開始)延長届(ワード:18KB)

(2)会社からの証明書類

(様式例)育児休業取得状況証明書の記載例(PDF:114KB)

(様式例)育児休業取得状況証明書の記載例(エクセル:18KB)

育児休業取得状況証明書の記入要領(PDF:89KB)

※こちらの様式又はこちらの様式と同様の内容のものをご提出ください。

就労内定で、就労開始日を延期し休園する場合

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による復職(就労開始)延長届 (PDF:90KB)

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による復職(就労開始)延長届(ワード:18KB)

(2)会社からの証明書類(就労開始日を延長したことの分かるもの)

上記以外で休園を希望する場合

新型コロナウイルス感染症対策による休園届(PDF:90KB)

新型コロナウイルス感染症対策による休園届(ワード:18KB)

提出場所

在籍園又は各総合支所区民課保健福祉係

※郵送可。締切日必着。郵送事故の責任は負いません。記録の残る方法でお願いします。

届出締切日

10月分 9月25日(金曜日)
11月分 10月26日(月曜日)
12月分 11月25日(水曜日)

 

注意事項

(1)休園期間に登園することはできません。

(2)申請は1カ月単位となります。延長する場合は、届出締切日までに在籍園又は各総合支所区民課保健福祉係に必要書類を全て揃えて提出してください。

(3)届出が25日を過ぎた場合、保育料(利用料)及び給食費を徴収します。郵送の場合、締切日必着となります。

(4)月の途中で休園することになった場合は、その月の保育料(利用料)及び給食費は全額徴収となります。翌月の休園については、延長の届出が必要です。

(5)休園を取り下げる場合は、登園開始予定日の1週間前までに各総合支所区民課保健福祉係に「休園取下届」を提出してください。その場合、月途中の再開であっても保育料(利用料)及び給食費は月額分を徴収します。

休園の取り下げについて

(1)復職(就労開始)の延長を取り下げる場合は、登園開始予定日の1週間前までに、各総合支所区民課保健福祉係に下記の「延長取下届」を提出します。

・新型コロナウイルス感染症の影響による復職(就労開始)延長取下届(PDF:62KB)

・新型コロナウイルス感染症の影響による復職(就労開始)延長取下届(ワード:17KB)

(2)休園を取り下げる場合は、登園開始予定日の1週間前まで、各総合支所区民課保健福祉係に下記の「休園取下届」を提出します。登園開始(再開)日については、保護者が保育園へ事前に連絡をします。初めての登園で、慣れ保育等を行う場合は、取下げ前に保育園と慣れ保育についての調整を行ってください。なお、休園を取り下げる月の末日までに、復職(就労開始)をする必要があります。

・新型コロナウイルス感染症対策による休園取下届(PDF:62KB)

・新型コロナウイルス感染症対策による休園取下届(ワード:17KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部保育課保育支援係

電話番号:03-3578-2441

ファックス番号:03-3578-2384