• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 区政情報 > 調査・報告(カテゴリ別一覧) > 港区政策創造研究所について

ここから本文です。

更新日:2016年6月22日

港区政策創造研究所について

設置の目的

機能の図区を取り巻く社会経済情勢が、想定を超える速さで変化する中、区が直面する課題に、迅速に対応するためには、区内で何が起きているのかを的確に捉え、区民生活への影響を分析し、将来顕在化する課題を予測することで、先見性のある政策を創造していくことが重要です。

このため、区では、平成23年2月1日、企画経営部内に、各部門の個別情報の収集・分析等を踏まえ、横断的に課題を捉え総合的な政策研究を行い、総合支所・支援部を支援することを目的とした、港区政策創造研究所を設置しました。

港区政策創造研究所では、情報活用機能、分析・予測機能、政策研究・形成機能、人材育成機能を合わせ持ち、今後も、各部門が、区民福祉の向上につながる政策の創造ができるよう、政策形成面からの支援を行っています。

政策研究一覧

 これまでの政策研究一覧

 現在、取り組み中の政策研究一覧

研究所のメンバー

研究所は、所長1名、副所長1名、研究員4名の合計6名で構成し、活動を行っています。専門的な政策研究を行うため、特定分野の専門知識、経験、ノウハウ等を持つ学識経験者等を所長及び研究員として外部から招いています(下図参照)。

組織

所長

港区政策創造研究所の所長には、平成27年4月1日から慶應義塾大学経済学部の植田浩史(うえだ ひろふみ)教授が就任しています。

場所

港区役所4階(港区芝公園1-5-25)

研究所紹介リーフレット

リーフレット(PDF:316KB)

研究所主催のシンポジウム・講演会等

【終了しました】「港区における区民の消費に関する調査」 報告・講演会

平成27年度に港区政策創造研究所が実施した「港区における区民の消費に関する調査」の報告・講演会を開催します。

この調査は、タワーマンションを始めとした民間住宅と公営住宅の合わせて17集合住宅(26棟)、8,665世帯を対象として平成27年7月に実施しました。

調査結果から、生活面での利便性が高い地域と考えられる港区において、区民は日常生活に不可欠な買い物を行う上で様々な問題を抱えていることが明らかになりました。

報告・講演会では、調査結果の報告とあわせて、高千穂大学経営学部の川名和美教授の特別講演を予定しています。

調査報告書は、「政策研究一覧」からご覧になれます。

 

日時:平成28年4月16日(土曜日)午後1時30分~午後4時20分

場所:港勤労福祉会館1階 第1洋室(港区芝5-18-2)

チラシ(PDF:4,398KB)

 

【終了しました】講演会・シンポジウム「港区の地域福祉のこれから」

日時:平成27年3月15日(日曜)午後1時30分から午後4時30分まで

場所:みなとパーク芝浦1階リーブラホール

チラシ(PDF:285KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画経営部企画課政策研究担当

電話番号:03-3578-2567

ファックス番号:03-3578-2034