• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 芝浦港南地区総合支所 > 地区広報 > 芝浦港南地区の地域情報誌(最新号)

ここから本文です。

更新日:2017年9月27日

芝浦港南地区の地域情報誌(最新号)

 港区ベイエリアイベントリポート 特集 夏祭り

7月15日(土曜日)・16日(日曜日)芝浦二丁目納涼盆踊り大会

33度の猛暑を吹き飛ばす盆踊りの賑わい

今年は空梅雨気味で、連日、35度近くまで気温が上がる東京都心、芝浦二丁目、船路橋児童遊園前で、今年も賑やかなお囃子や太鼓の音が流れました。恒例の納涼盆踊り大会は周辺のマンションに住む人たちで大変な賑わいです。

背後に芝浦アイランドの高層マンションを控えたこの場所、正にビルの谷間のオアシスです。中央に設けられた舞台に灯が点ると、踊りは最高潮に達し、浴衣姿の皆さんが夏の夕べの一時を楽しみました。

7月21日(金曜日)・22日(土曜日)品川駅港南夏まつり

プレミアムな夜は月末だけではありません!

夏が到来し、茹だるような暑さが続く中、7月21日(金曜日)、22日(土曜日)、夕方5時から品川駅港南口ふれあい広場で品川駅港南口夏祭りが開かれました。広島焼きやたこ焼きなどの食べ物の屋台が並び、その奥には夕涼みをしながら楽しんでもらおうと、テントが設置されて充分な数のテーブルと椅子が用意されています。

祭り提灯、射的の呼び声、トウモロコシを焼く匂い。何とも懐かしい雰囲気に仕事終わりのサラリーマンが次々と屋台に入ってゆきました。少々飲みすぎても大丈夫。駅前ですから。迷子になることも、電車に遅れないように慌てて走ることもないでしょう。

にぎやかなざわめきと人々の笑い声。薄暗くなってゆく周りの街に屋台のオレンジの灯がやさしくにじんで、プレミアムな夜は暮れてゆきました

7月22日(土曜日)・23日(日)品川ウォーターテラス on the GREEN 2017

港南地域の新たなアイコンとして

例年以上の暑さを記録する日本の中でこの品川も例外ではありません。そんな中、品川シーズンテラスイベント広場において、涼を感じることができる第3回~品川ウォーターテラスon the GREEN 2017~が開催されました。大行列の大・小ウォータースライダーや、水が地上から噴射されるスプラッシュエリア、ちびっ子プール等で涼しさや楽しさを求める多くの子供たちの姿がありました。縁日コーナーやキッチンカーコーナーなどお祭り的な要素もあり、地域の新たなアイコンとして年々定着してきている様子が見えました。

7月23日(日)港南夏祭り

いよいよ夏休みが始まった

7月23日(日曜日)、品川駅港南口地区で港南町会主催の港南夏祭りが開催されました。このお祭りは、子供山車と子供神輿が港南町内を巡るお祭りです。この日はそれまでの猛暑が一休みし、曇りがちではありましたが、海風もそよぐ過ごしやすい爽やかな祭り日和の中、多数の子供の参加で子供山車と子供神輿が、可愛い高い声の「ワッショイ、ワッショイ」と共に町内を練り歩きました、子供たちの家族やベビーカーの弟や妹も列に加わり賑やかな行列が続きました。また同時に開催された品川駅港南口ふれあい広場の品川駅港南夏祭りには多数の屋台が店を出し賑やかさを添え、子供たちも山車、神輿の後家族と一緒に屋台店を楽しみました。子供たちにとっては待ち遠しかった夏休みの最初の良い思い出なった事でしょう。

7月27日(木曜日)芝浦サマーフェスタ2017

驚きとワクワクがいっぱい!大人も楽しい体験型イベント

芝浦水再生センターで、恒例のサマーフェスタが開催されました。下水道の役割や水環境の大切さを学べる体験型イベントで、毎年7月に開かれています。

小学生に混じって施設見学に参加しました。1組ずつガイドつきで案内していただけます。ここに集められた下水は、50種類以上の微生物が汚れを分解し、なんと半日から1日できれいな処理水となって東京湾へ放流されるそうです。キモカワな微生物を顕微鏡で観察することもできますよ。ほかにも起震車体験やスーパーボールすくいなど、たくさんのコーナーが用意されていて、小さな子供から大人まで1日中楽しめて勉強にもなるサマーフェスタです。来年は皆様もぜひ遊びに行ってみてください。

7月28日(金曜日)・29日(土曜日)芝浦まつり

地元住民だけじゃない!ビジネスマン・OLも楽しい芝浦まつり

芝浦の夏の風物詩、芝浦まつりが7月28日(金曜日)・29日(土曜日)になぎさ通りにて行われました。芝浦まつりは地元の大人や子供たちはもちろん、芝浦近辺勤務のビジネスマンやOLも大勢参加し、1日目は大盛況。模擬店やカラオケ大会、お笑い芸人によるバラエティショーなど夏の暑さをも忘れるほど、楽しいイベントが数々!!2日目はあいにくの雨となってしまい、早期に終了、ざんねん…

来年を楽しみに、みなさまもぜひ参加されてはいかがですか。

7月29日(土曜日)港南四丁目第3アパート夏祭り

雨を吹き飛ばす夏祭りの熱気

梅雨明け宣言が出された後、東京では皮肉にも梅雨のような天候が続きます。7月29日(土曜日)も丁度そんな雨模様の日でしたが、港南四丁目第3アパート前の広場は祭りを楽しむ人の熱気で充ち溢れています。広場の中央に置かれた舞台の前で、毎年、このお祭りで演奏している三味線演奏のグループがお揃いの着物で勢ぞろい。生憎、演奏が始まると大粒の雨が降り始めましたが、息の合った熱演に聞き入る聴衆は大きな喝采を送っていました。

8月4日(金曜日)・5日(土曜日)海岸のまつり

今年もなまはげに泣かされました

8月4日(金曜日)・5日(土曜日)に、埠頭公園にて海岸二丁目・三丁目町会主催の海岸のまつりが開催されました。両日とも雨が心配されましたが、無事に最後まで降ることなくお祭りを満喫できました。初日は毎年恒例の芝浦エンジェルスによるかわいくも華麗なチアダンスから始まり、続く海岸二・三丁目の子ども達による祭太鼓が鳴り響く中、たくさんの子ども達がゲームやボート漕ぎ、焼きそばや唐揚げを楽しんでいましたが…辺りが薄暗くなった頃‥「ウォー!!悪い子(ご)、なまけものはいねが~!!」と、地響きのようなうなり声と共になまはげが登場し、一気に子ども達が恐怖のどん底に!今年もまた、たくさん泣かされましたね。やぐらを囲んだ盆踊りの光景に懐かしさを覚えたり、秋田の伝統的な踊りや沖縄の歌の生演奏に情緒を感じたり、彩り豊かな夏祭りでした。

8月25日(金曜日)・26日(土曜日)お台場夏まつり2017

雨にも負けず

8月25日(金曜日)・26日(土曜日)、恒例の夏祭りが、お台場レインボー公園で開催されました。当日は久しぶりの雨…小雨、更にムシムシとした天候にもかかわらず、年に1度のお祭りと言うこともあり老若男女が色々な服装で参加、にぎわいました。海外からの観光客にも有名な“お台場”のネーミングにふさわしく、海外からの出展もあり、国際色豊かな開催となりました。お祭り会場の中央には熱中症対策なのかテントで直射日光を遮ぎる休憩所もあり、主催者のきめ細かな配慮が感じ取られました。イベントでは子供達のダンスや空手の演舞、フラダンスなど日頃の練習の成果を披露する場面も多くあり楽しませて頂きました。さらに寄付金を募るテントもあり地域の人々の意識の高さを感じさせられました。

9月2日(土曜日)港南三丁目合同まつり

子供が主役のお祭り

9月2日(土曜日)に港南三丁目遊び場で港南三丁目合同まつり実行委員会主催による12回目を迎えた港南三丁目合同まつりが開催されました。当日の午前中は雨が降り開催が危ぶまれましたが、子供たちの願いが通じたのかお祭りが始まる午後には陽も出て、爽やかなお祭り日和になりました。このお祭りは“子供も大人もみんなが楽しめる”をテーマに催され、子供達のチアリーディングや会場内での子供神輿、中国帰国者会による中国音楽と舞踊も華を添え国際色豊かなお祭りになりました。公園の内外には屋台が多数出店され大いに賑わい長い行列が出来、近隣住民も多数参加され好天の下で住民同士のコミュニケーションを大いに楽しまれている様子でした。

これから開催されるイベント

芝浦アイランド島祭り2017

  • 開催日時:2017年10月22日(日曜日)12時00分~18時00分(予定)※雨天決行
  • 場所:プラタナス公園
  • 催し:「模擬店」、「体験コーナー」、「ステージ」などたくさんの催しを検討中
  • 主催:芝浦アイランド自治会

第8回ワールドシティタワーズ秋祭り

  • 開催日時:2017年10月22日(日曜日)12時00分~16時00分※雨天の場合、一部イベントをマンション敷地内に移動し、実施
  • 場所:港南緑水公園
  • 催し:子どもが楽しめる各種ゲームラリー、自治会や近隣店舗による飲食の出店、サークル、港南小学校・港南中学校・海洋大学による演奏や演技、人気のフリーマーケットなど催し物多数!ワールドシティタワーズ住民および近隣の皆さまのご来場をお待ちしています。
  • 主催:ワールドシティタワーズ自治会
  • 問合せ:防災センター管理室03-5781-0885

ページの先頭へ戻る

 連載第二回 べいあっぷ編集委員がおすすめする地域のスポット

SPOT04 港南地区 昭和と今が同居する魅力的な街(品川駅港南口)

品川駅の長いデッキをしばらく歩いて港南口のエスカレーター(階段)を降りてください。正面に見える小さなビル群の裏に、周りの近代的高層ビル群のお洒落な景色とは別世界の時空が存在します。正面の牛丼屋と牛タン屋の間の通路、行き止まりか! と思える曲がりくねった小道を散策すると面白いお店が突然現れます。近隣にある食肉市場の関係か焼肉屋が多いですが、新鮮な魚を提供する居酒屋、通(つう)が行くお寿司さんやスペイン料理屋など多様性にあふれています。味良し値段もリーズナブルで夜になるとゴールデンタイムはどの店も満員に! 行くなら午後5~7 時までに着席することをお勧めします。勿論、昼も営業しています。試しにランチに行ってみてください。(阿部 一哉)

SPOT05 港南地区 東京海洋大学 マリンサイエンスミュージアム

JR 品川駅徒歩15 分、東京海洋大学品川キャンパス内お馴染みの鯨ギャラリーを左に曲がるとマリンサイエンスミュージアムがあります。1 階は、帆船模型の展示。2 階は、海の生き物、漁業や道具類、水産物の食品加工物など缶詰の缶の種類、鰹節の成熟過程等の展示が盛り沢山。まるで、浦島太郎がのったであろうウミガメや人魚姫のオオシャコガイ。ニシキイセエビやタラバガニは食べ物として観てしまいます。

高橋俊男 ミニチュア模型「鳥羽山鯨類コレクション」は、30年以上の期間を費やして制作されており縮尺は全て25 分の1に統一された貴重な作品は一見の価値があります。子供も大人も楽しみながら驚き体験してみましょう。(桝中 多賀子)

SPOT06 台場地区 レインボーブリッジ

芝浦地区と台場地区を結ぶ吊り橋「レインボーブリッジ」、6 年の歳月を経て竣工、東京湾の新しいシンボルとなりました。一般公募により名称が決まったレインボーブリッジは正式には「東京港連絡橋」と言います。全長798m 地上126m で行われる多々あるイベントの中で良く見られるのは、橋全体をライトアップするイルミネーションライト。曜日、時間帯、イベントにより色が異なります。

私は風景を見たり、写真を撮ったりするとき、まず背景を考えます。背景と色彩が瞬時に変化する、その瞬間に最高の感動があります。背景の変化によって美しい色彩豊かな瞬間を見ることが出来るのです。この写真がその1 枚になりました。冬の朝、網の目のフェンスの隙間から撮影した1枚です。テーマ[採う]。肉眼とはまるで違う1枚の写真になりました。(金子 源)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-6400-0013

ファックス番号:03-5445-4590