• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 芝浦港南地区総合支所 > 地区広報 > 芝浦港南地区の地域情報誌(最新号)

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

芝浦港南地区の地域情報誌(最新号)

 連載 ベイエリア 橋をめぐる物語 第五回

芝浦港南地区の運河には多くの橋が架けられ、この地域に暮らす人々、働く人々にとってとても大切な役割を果たしています。

「ベイエリア 橋をめぐる物語」では、芝浦港南地区にある39の橋の一部を、毎号少しずつ紹介していきます。

また、橋だけでなくその周辺地域の特徴もピックアップ!運河と海のまち、芝浦港南ベイエリアの景観の象徴ともいえる39の橋と地域の魅力を再発見しましょう!

レインボーブリッジ

これまでベイエリアの運河に架かる数々の橋を紹介してきましたが、今号ではこの地区で最大の橋、レインボーブリッジを取り上げます。

レインボーブリッジは1987年1月に着工し、6年半後の1993年8月に完成しました。時あたかも日本はバブルと言われるほど経済活動が活発だった時期で、東京ではベイエリアの開発が盛んに進められました。首都高速道路の渋滞解消、ベイエリアの物流の効率化などを主たる目的として建設されたこの橋は同時に東京港周辺の景観を一新するシンボル的な存在として有名になりました。

東京港の中央に位置する有明・青海・台場と都心部を結ぶこの橋は、今年の8月で竣工から24年を迎えます。交通の大動脈として、昨年10~12月の間には、各月100万台に近い車両が利用しました。二重構造の下層には新交通ゆりかもめが走り、通勤や生活の足の役割も果たしています。ちなみに、レインボーブリッジの名称は一般公募で決められました。

また、あまり知られていないのですが、下層には歩道があり徒歩で橋を渡ることができます。芝浦から台場へ向かうコースの後半では、東京タワーとスカイツリーが一望できます。

今回は東京港管理事務所港湾道路管理課の職員の方に取材にご協力いただきました!

 

  • 着工時期:1987年(昭和62年1月14日)
  • 竣工時期:1993年(平成5年8月26日開通)
  • 設計者:東京都港湾局と首都高速道路公団(現在の首都高速道路株式会社)
  • 吊橋部全体延長:918m
  • 幅員:29m
  • 海面からの高さ:52m
  • 主塔の高さ:127m

レインボーブリッジ遊歩道について

開場時間

  • 4月1日~10月31日  9時00分~21時00分
  • 11月1日~3月31日 10時00分~18時00分
  • ※最終入場は、閉場の30分前

利用休止日

毎月第3月曜日※祝日に当たるときはその翌日

利用注意事項

  • 自転車に乗っての通行は禁止です。ただし、貸出専用台座による手押し通行か、自転車を解体または折りたたんで専用の袋に収納して運ぶことは可能です。
  • ペットを連れての通行は禁止です。ただし、ペット用のかご等に入れて運ぶ場合は通行可能です。
  • 他の歩行者の通行の支障となる行為等は禁止です。
  • 遊歩道の傾斜が大きいため、車椅子等でのご利用には必ず介護者をつけてください。
  • 天候上等の理由により、入場できない場合があります。

ページの先頭へ戻る

 より住みやすいベイエリアを目指して 港区青少年対策地区委員会特集 今回は“港南地区委員会”をご紹介します!

「港区青少年対策地区委員会」は、青少年をめぐる社会環境の浄化や健全育成及び非行防止の対策を地域社会の力を結集して進めていく自主的な地区組織活動団体です。区立中学校の通学区域ごとに設置され、現在は10の地区委員会が活動しています。芝浦港南地区管内には、「港南地区委員会」、「お台場地区委員会」と2つの地区委員会が設立されています。

港区青少年対策港南地区委員会について

港南地区委員会は、芝浦・港南の地域に居住する青少年(主に小学生、中学生)を対象に年間を通してキャンプや春・秋のバスハイク、ファミリースポーツ等の各種行事を企画して活動しています。活動にあたっては、港区、港南中学校、芝浦小学校、港南小学校、各校のPTA、町会・自治会、民生・児童委員、青少年委員、スポーツ推進委員をはじめとする多くの地域の方々にご協力をいただいております。

港区青少年対策港南地区委員会 会長 辻田 雅明

地区委員会に求められる役割とは?青少年が心豊かに健やかに。誰もが望むそのような成長を支援するために、それぞれの地域の方々が色々な活動をされていると思います。私たち、地区委員会のメンバーも同じ思いで笑顔溢れる子どもが1人でも多くなればと年間を通じて活動をしています。運河に囲まれ、タワーマンションが林立し、多くの子どもたちが、この芝浦・港南をふる里として育ち、いつかはこの地から巣立っていった時に、日々の家庭や学校での生活、野球・サッカー等の地域のクラブでの活動、町会・自治会等のお祭りといった色々な思い出の中に私たちの行事が一つでも、その中の1ページとして貰えたならば。そんな思いを忘れることなく、これからも活動していこうと考えています。

青少年対策地区委員会の歴史

  • 昭和34年11月「港区青少年問題協議会」の下部組織として、区立中学校の通学区域単位に設置
  • 昭和37年6月「港区青少年問題協議会」から独立
  • 昭和57年6月「港区青少年問題協議会」の下部組織であった「補導連絡会」を「青少年対策地区委員会」の「補導連絡部会」として一体化

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-6400-0013

ファックス番号:03-5445-4590