• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > 港区の入札・契約制度について > 最低制限価格の設定範囲の見直しについて

ここから本文です。

更新日:2020年3月17日

最低制限価格の設定範囲の見直しについて

経緯

区は、工事又は製造の請負に関する契約について、最低制限価格を設けダンピング受注の排除を図っています。

平成31年4月には、労働環境確保策の推進を行うため最低賃金水準額を設定することに伴い、最低制限価格の算定における労務費との整合を図る必要があることから、最低制限価格の設定範囲の上限を「予定価格の10分の8.5」から「予定価格の10分の9」に引き上げました。

工事の品質確保を一層図ること及び労働者の賃金を適切に確保することを目的とし、最低制限価格の設定範囲の上限を引き上げるとともに、港区労働環境確保策における最低賃金水準額の設定の係数を変更します。

最低制限価格の設定

最低制限価格の設定範囲を以下のとおり変更します。なお、工事請負契約の一部において実施する、低入札価格調査制度において低入札価格調査の基準とする調査基準価格についても、以下の範囲内で設定するものとします。

【変更前】予定価格の10分の9から10分の7までの範囲

【変更後】予定価格の10分の9.2から10分の7.5までの範囲

港区労働環境確保策における最低賃金水準額の設定

最低制限価格の設定範囲を見直すことに伴い、適正な賃金水準による給付を促進するため、工事請負契約における最低賃金水準額の設定を引き上げます。

【変更前】公共工事設計労務単価(東京都)×0.9

【変更後】公共工事設計労務単価(東京都)×0.92

適用

令和2年4月1日以後に契約を締結する案件から適用します。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部契約管財課契約係

電話番号:03-3578-2140