• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 保険料の納付

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

保険料の納付

保険料の納付方法

保険料の納付方法は、納付書、口座振替及び特別徴収(年金からの天引き)があります。

納付書による納付

納付書により保険料を納めていただく方法です。6月に、年間保険料を一括して納めていただく納付書と、月ごとに納めていただく10回払用納付書の2種類をお送りします。どちらかの納付書で、納付書に記載の払込期限までにご納付をお願いします。納付場所は下記のとおりです。

  1. 金融機関(銀行、信用金庫、信用組合)、ゆうちょ銀行・郵便局
  2. コンビニエンスストア
    くらしハウス/コミュニティ・ストア/サークルK/サンクス/スリーエイト/生活彩家
    セーブオン/セブンイレブン/ファミリーマート/ポプラ/ミニストップ/ローソン
    デイリーヤマザキ/ヤマザキデイリーストア/ニューヤマザキデイリーストア
    MMK設置店(NEWDAYS等[一部店舗を除く])
  3. モバイルレジ(インターネットバンキング決裁/クレジットカード決済)
  4. 国保年金課、各地区総合支所

コンビニエンスストア・モバイルレジでの納付は、土曜・日曜・祝日もご利用いただけます

※納付書の額面が30万円を超える場合は、コンビニエンスストア・モバイルレジでの取扱いはできませんのでご注意ください。

※モバイルレジは専用のアプリをダウンロードしてご利用ください。また、インターネットバンキング決裁を利用するためには、事前に取引金融機関でのインターネットバンキング登録が必要です。

モバイルレジ利用方法(詳しくはこちらをご覧ください。*税のページにリンクしています。)

口座振替による納付

預(貯)金口座から毎月末日(金融機関等の休業日に当たる場合は翌営業日)に自動的に保険料を納める方法です。
口座振替をご希望される場合は、「口座振替(自動払込)依頼書」の提出が必要です。

提出方法

  1. 「口座振替依頼書」に必要事項を記入、銀行印を押印し港区国保年金課に郵送する。
  2. 「口座振替依頼書」に必要事項を記入、銀行印を押印し口座のある金融機関、ゆうちょ銀行または郵便局に提出する。
  3. 国保年金課・各地区総合支所窓口において「口座振替依頼書」を記載し提出する。なお、口座名義人様が金融機関のキャッシュカードをご持参いただくと、銀行印がなくても手続きが可能です。(お取扱い金融機関/ゆうちょ・みずほ・三菱UFJ・三井住友・りそな・芝信用金庫・さわやか信用金庫)

※「口座振替(自動払込)依頼書」は、お電話にて資格保険料係へご請求ください。

↓ダウンロード専用口座振替依頼書は、金融機関でのお取扱いができません。区へご提出ください。

口座振替依頼書

特別徴収(年金からの天引き)

加入者が65歳から75歳未満の人で構成される世帯の保険料は、基本的に特別徴収(世帯主の年金から天引き)により納付していただきます。
ただし、確実に口座振替で納めていただける人は、申出により特別徴収を口座振替に変更することが出来ます。

保険料を滞納すると

保険料を滞納すると、次のような措置が取られます。

  1. 納付期限を過ぎると督促兼納付書が送付されます。督促兼納付書を送付しても納付がなされない場合には、催告兼納付書が送付されます。
  2.  高額滞納者、長期滞納者等に対して資格証明書※が交付されることがあります。(※資格証明書でも保険診療は受けられますが、医療機関にかかるときは、医療費をいったん全額自己負担していただきます。)
  3. 特別の事情もなく滞納すると、財産を差し押さえる場合があります。

事情により納付期限までに保険料の納付が困難な人、遅れそうな人は、納付相談を行っておりますので、お早めにご相談ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課資格保険料係

電話番号:03-3578-2643

ファックス番号:03-3578-2669