• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 情報政策 > オープンデータの推進

ここから本文です。

更新日:2018年10月13日

オープンデータの推進

オープンデータとは

オープンデータとは、国、地方公共団体、独立行政法人、公益事業者等が保有する公共データを、機械判読に適した(コンピュータが読取りやすい)データ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータのことをいいます。

港区のオープンデータの取組

港区では、平成28年6月から区ホームページにおいてオープンデータの公開を開始しました。順次データの公開数を拡大するとともに、平成28年度には「港区政70周年港区オープンデータアプリコンテスト」を開催しました。

平成30年10月には港区を開催地とし、東京都や他の区と共同でアイデアソンを初めて開催しています。

東京都のオープンデータカタログサイトとも連携を開始し、今後もオープンデータの取組を推進していきます。


よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部情報政策課ICT推進担当

電話番号:03-3578-2855

ファックス番号:03-3578-2069