現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 医療 > ひとり親家庭などの医療費助成

ここから本文です。

更新日:2020年11月14日

ひとり親家庭などの医療費助成 -父または母に障害があるとき-

身体障害者マーク 知的障害者マーク 精神障害者マーク

対象

健康保険に加入している父または母が次のいずれかに該当する状態にあり、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童(ただし、児童が身体障害者手帳1~3級、愛の手帳1~3度程度のときは20歳未満)を扶養している父若しくは母または養育者およびその児童に対して、医療の助成が受けられます。

  1. 身体障害者手帳1級・2級程度(障害の程度により診断書の提出が必要となります。)
  2. 愛の手帳1度・2度程度
  3. 重度の精神障害(所定の診断書により認められる程度)

助成制限

次にあてはまる人は助成が受けられません。

  1. 本人または扶養義務者の所得が限度額を超えている人
  2. 生活保護を受けている人
  3. 児童が施設に入所している人
  4. 心身障害者医療費助成(まるしょう受給者証)など他の医療費助成を受けている人
  5. 児童が里親に預けられている人

医療機関に支払う金額

住民税が課税されている人 (ひとりまるおや医療証に一部・食と記載されています。)

  1. 外来のとき
    保険診療分の1割
    自己負担限度額は月額12,000円(平成30年8月から14,000円)まで
  2. 入院のとき
    保険診療分の1割+食事療養費
    自己負担限度額は月額44,400円(平成30年8月から57,600円)まで

住民税が非課税の人 (ひとりまるおや医療証に食と記載されています。)

  1. 外来のとき
    保険診療分の自己負担はなし
  2. 入院のとき
    食事療養費のみ

保険診療分(3割)を支払ってしまった場合

領収証原本(コピー不可)を添付して、助成請求をしてください。

利用方法

  1. 医療機関で診療を受けるときは、健康保険証と「まるおや医療証」を提出してください。
  2. 都外の病院で診療を受けたとき等は、いったん支払い、後日領収証原本を添付して、助成請求をしてください。

※助成を受けるためには事前に申請し、「まるおや医療証」の交付を受ける必要があります。

窓口・お問い合わせ

  1. 窓口

    各総合支所 区民課 保健福祉係

  2. お問い合わせ

    子ども家庭課 子ども給付係
    電話:03-3578-2430
    ファックス:03-3578-2384

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口