現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 医療 > 心身障害者医療費の助成

ここから本文です。

更新日:2021年4月23日

心身障害者医療費の助成 -「まるしょう(マル障)受給者証」-

身体障害者マーク 知的障害者マーク 精神障害者マーク

対象

  1. 身体障害者手帳1級・2級(内部障害は1級~3級)の人
  2. 愛の手帳1度・2度の人
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級の人

次にあてはまる人は助成が受けられません。

  1. 本人(20歳未満は、被保険者または世帯主)の所得が限度額を超えているとき
  2. 生活保護を受けている人
  3. 65歳以上になってはじめて手帳が交付された人等

助成方法

まるしょうを取扱う医療機関で診療を受けるときは「保険証」と「受給者証」を一緒に提示して、以下の一部負担金を支払います。なお、健康保険のきかないものは助成の対象にはなりません。

医療機関で支払う金額

住民税が課税されている人(受給者証にまるいちぶまるしょくと書いてある人)

  1. 外来のときかかった医療費の1割を支払います。

    1か月の上限額:18,000円(年間上限額144,000円)

  2. 入院のときかかった医療費の1割と標準負担額(食事代等)を支払います。

    1か月の上限額:57,600円(年4回目以降44,400円)

住民税が非課税の人(受給者証にまるしょくと書いてある人)

  1. 外来のとき 自己負担はありません。
  2. 入院のとき 標準負担額(食事代等)(注1)のみ支払います。

    (注1)所得の状況等によって軽減されることがあります。詳しくは加入している各健康保険へお問い合わせください。

申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳、愛の手帳または精神障害者保健福祉手帳
  2. 保険証
  3. 住民税課税(非課税)証明書または受給者証交付状況連絡票(東京都内から転入した人のみ)

まるしょうを取扱っていない医療機関にかかったとき

医療保険の自己負担分をいったん支払い、領収書(保険点数等の書いてあるもの。)・ 受給者証・保険証・本人名義の口座がわかるものを持って申請をし、払戻しを受けてください。口座に振り込まれるまでに2~3か月ほどかかります。

窓口

各総合支所 区民課 窓口サービス係(芝地区総合支所は相談担当)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口