現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 医療 > 自立支援医療(更生医療) -18歳以上-

ここから本文です。

更新日:2012年11月8日

自立支援医療(更生医療) -18歳以上-

身体障害者マーク

内容

身体障害者が、手術などによって障害の程度を軽くしたり取り除いたりすることにより、日常生活能力や職業能力の回復や獲得を目的として行う医療で、知事の定める指定医療機関において給付します。

対象

身体障害者手帳の交付を受けた18歳以上の人で

  1. 視覚障害
  2. 聴覚、平衡機能障害
  3. 音声機能、言語機能またはそしゃく機能障害
  4. 肢体不自由
  5. 心臓機能障害
  6. じん臓機能障害
  7. 小腸機能障害
  8. ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
  9. 肝臓機能障害のうち、東京都心身障害者福祉センターの判定などで必要と認められた人。一部所得制限があります。また、医療の給付を受ける前に申請する必要があります。

給付内容

  1. 診察
  2. 薬剤または治療材料の支給
  3. 医学的処置、手術およびその他の治療ならびに施術
  4. 居宅における療養上の管理およびその治療に伴う世話その他の看護
  5. 病院または診療所への入院およびその療養に伴う世話その他の看護
  6. 移送(医療保険により給付を受けることができない人の移送に限る。)

費用

給付対象医療費の1割。ただし、世帯の所得により負担上限額が設定されます。

窓口・お問い合わせ

各総合支所 区民課 保健福祉係

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口