• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

お問い合わせ・ご意見 Opinion/inquiry

文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ホーム > 防災・生活安全 > 防災・災害対策 > 土砂災害に備えて

ここから本文です。

更新日:2017年3月24日

土砂災害に備えて

お住まいの場所の確認を

雨が降り続いたり、短時間でも大量の雨が降る場合には、場所によっては「がけ崩れ」などの災害が発生する危険があります。

区民の皆さんには、お住まいの場所ががけ地に隣接しているかなどの確認を事前にしていただき、大雨が予想される場合には気象情報等への注意をお願いします。

(土砂災害(特別)警戒区域公示図書 平成29年3月13日)

区域の所在地

区域番号

備考

赤坂八丁目

103001-K001(PDF:1,686KB)

 

六本木二丁目

103001-K002(PDF:1,913KB)
(特別警戒区域指定なし)

所在地の一部は、赤坂六丁目

六本木二丁目

103001-K003(PDF:2,349KB)

所在地の一部は、赤坂二丁目

六本木二丁目

103001-K004(PDF:1,978KB)

所在地の一部は、六本木四丁目

赤坂一丁目

103001-K005(PDF:2,064KB)

 

愛宕一丁目

103001-K006(PDF:1,859KB)

所在地の一部は、愛宕二丁目・虎ノ門三丁目

愛宕二丁目

103001-K007(PDF:1,400KB)

所在地の一部は、虎ノ門三丁目

虎ノ門五丁目

103001-K008(PDF:1,739KB)

所在地の一部は、麻布台一丁目

麻布台一丁目

103001-K009(PDF:1,939KB)

 

麻布台二丁目

103001-K010(PDF:2,202KB)

所在地の一部は、東麻布二丁目

麻布台二丁目

103001-K011(PDF:1,756KB)

所在地の一部は、東麻布二丁目

芝公園四丁目

103001-K012(PDF:1,705KB)

 

三田二丁目

103001-K013(PDF:1,513KB)

 

三田二丁目

103001-K014(PDF:1,339KB)

 

三田三丁目

103001-K015(PDF:1,432KB)

所在地の一部は、三田四丁目

三田三丁目

103001-K016(PDF:1,760KB)

所在地の一部は、三田四丁目

三田三丁目

103001-K017(PDF:1,790KB)

所在地の一部は、三田四丁目

白金四丁目

103001-K018(PDF:1,800KB)

 

高輪三丁目

103001-K019(PDF:1,802KB)

 

高輪三丁目

103001-K020(PDF:1,770KB)

 

高輪三丁目

103001-K021(PDF:1,748KB)

 

高輪三丁目

103001-K022(PDF:1,662KB)

 

高輪四丁目

103001-K023(PDF:1,406KB)

 

※土砂災害警戒区域(通称「イエローゾーン」)とは、がけ崩れ等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあると認められる区域として、土砂災害防止法に基づき指定される区域です。
※土砂災害特別警戒区域(通称「レッドゾーン」)とは、がけ崩れ等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ、住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる区域として、土砂災害防止法に基づき指定される区域です。

※安定度の低い急傾斜地とは、急傾斜地崩壊危険箇所のうち、区が平成23年度に実施した工作物等基礎調査において、道路、公園に面しているがけ、よう壁等を対象に目視調査した結果、安定度が中または小と判定した場所です。安定度の低い急傾斜地は土砂災害防止法に基づき指定された区域ではありませんが、今後指定される可能性があります。

※急傾斜地崩壊危険箇所とは、がけ地の傾斜度が30度以上、高さが5m以上で、被害想定地域内に人家等が存在する箇所として、東京都が独自の調査に基づき公表しているものです。急傾斜地崩壊危険箇所は土砂災害防止法に基づき指定された区域ではありませんが、今後指定される可能性があります。

区は緊急情報をお知らせします

区は、東京都と気象庁が共同で発表する土砂災害警戒情報や気象庁が発表する特別警報を防災行政無線や防災ラジオによりお知らせします。また、避難勧告等を発令する場合には、上記の方法に加えて防災情報メールや緊急エリアメールを配信するとともに、警察署、消防署及び消防団等の協力を得て区民の皆さんに伝達し、避難所についてもお知らせします。

まず身の安全を

警報等が出ていなくても、早めの安全行動が大切です。がけにひびが入るなどの異常に気がついた場合は、周りの方と直ちに安全な場所に避難してください。状況によって立ち退き避難が難しい場合には、屋内でも2階以上の、土砂災害の恐れがあるがけから離れた部屋に避難してください。

土砂災害警戒情報とは

土砂災害警戒情報とは、大雨によるがけ崩れや土石流が発生する危険性が高まったと判断したときに、東京都と気象庁が共同で発表する防災情報です。

区民の皆さんは自主避難の判断に活用していただき、区はこの情報を避難勧告等の防災対応に活用していきます。

土砂災害警戒情報は「土石流・がけ崩れ」を警戒の対象とします。なお、この情報は個別の災害発生箇所、時間、規模等を特定する情報ではありません。また、技術上予測困難な斜面の深層崩壊、地すべり等は対象外です。

土砂災害防止法に基づく基礎調査が実施されています

現在、東京都は「土砂災害防止法」に基づく基礎調査を区内で実施しています。同調査は、土砂災害のおそれがある土地の地形の測量、斜面の地質などの状況確認、建築物の位置確認などを行い、決められた基準に該当する場合には、「土砂災害警戒区域」又は「土砂災害特別警戒区域」の指定が行われるものです。

調査にあたり、東京都から委託を受けた調査会社の調査員が、住宅等の敷地内(庭先や背後の斜面)へ立ち入ることがありますが、調査の趣旨を理解いただき、ご協力をお願いします。調査員は立入調査の前に、身分と調査内容を明らかにします。家屋内に立ち入ることはありません。また、調査員は、東京都発行の腕章を着用し、身分証明書を携帯しています。

これまでの基礎調査結果については、東京都建設局ホームページ(外部サイトへリンク)で閲覧できます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課防災係

電話番号:03-3578-2111

ファックス番号:03-3578-2539