現在のページ:トップページ > 子ども・家庭・教育 > 子ども・家庭 > 児童相談所 > みなとハートフレンド

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

みなとハートフレンド

みなとハートフレンドってなんですか??

港区児童相談所が関わる子どもや保護者等を支援する、有償ボランティアです。

年2回募集し、事前研修、登録を行います。

みなとハートフレンドが目指すもの

児童相談所では、様々な理由で悩みを抱えている児童を専門職が支援していますが、地域や家庭の中で、子どもに寄り添い、悩みや不安の解消を手助けし、子どもを含む全ての家族の「よき理解者」となる存在が必要です。

区では、みなとハートフレンド事業を創設し、ボランティアに事前研修を行うとともに、活動中にも事例検討会のほか、児童相談所職員が個別にフォローしながら子どもと家庭が温かく支援される環境づくりを行います。

みなとハートフレンドは、どんな活動をするのですか?

家庭訪問や児童相談所内、区内施設等で、子どもの気持ちを尊重しながら、一緒に遊ぶ、勉強する、話し相手になるなどにより、子どもたちの健やかな心の成長を支えていきます。

みなとハートフレンド(Ⅱ)では、保護者の子育て不安の相談や、地域の子育て支援施設等とのつながりを作る支援も行います。

子どもたちと「楽しい」「嬉しい」「面白い」などの気持ちを共有し、時にはその家族に対してそっと寄り添い、悩みや不安の解消を手助けする、子どもを含む全ての家族のよき理解者、ハートフレンドとなる活動です。

●具体的な活動内容

 みなとハートフレンドⅠ

  • 児童相談所や区内施設で一緒に遊ぶ、学習する、話し相手になる。
  • 児童相談所で行う子ども家庭支援プログラムに一緒に参加する。
  • 児童相談所職員と一緒に家庭訪問や登校支援をする。

 みなとハートフレンドⅡ

  • みなとハートフレンドⅠの内容に加えて、一時保護中の児童や児童養護施設等から家庭復帰する児童及び家庭を訪問し、その不安に寄り添います。

みなとハートフレンドになるための資格はどのようなものですか?

(みなとハートフレンドⅠ)

 大学生、短大、専門学校(既卒も含む)の学生等で児童福祉に関心と情熱を持つ方

(みなとハートフレンドⅡ)

  1. 社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、児童指導員、教員、保健師、医師、看護師、助産師、弁護士などのうち1つ以上の資格をお持ちの方
  2. 子育て支援員やファミリー・サポート・センター事業等の資格をお持ちの方で、子育ての相談や助言の経験がある方

 全ての方に、児童相談所が行うハートフレンド研修(2、3日間程度)を受講していただきます。

 事業の目的、内容、守秘義務、虐待の基礎知識習得のための研修です。

活動頻度

 1回当たり約2時間程度(平日8時30分から18時の間で)

 担当していただく子どもによって週1~2回、3か月程度を原則としています。 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:児童相談所児童相談課運営調整係

電話番号:03-5962-6500

ファックス番号:03-5962-6509