• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 税金 > 軽自動車税

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

軽自動車税

税制改正により、令和元年10月1日から自動車取得税(都税)が廃止され、新たに軽自動車税に環境性能割(区税)が創設されました。これに伴い従来の軽自動車税は種別割と名称が変わりました。

種別割

軽自動車税(種別割)は、原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪(オートバイ)、軽三輪、軽四輪以上等の軽自動車に対する税金です。毎年4月1日現在の所有者に課税されます。

※軽自動車税(種別割)の税率等に変更はありません。

納税義務者

毎年4月1日現在、港区内に本拠(定置場)がある軽自動車を所有している人が税を納めます。
※割賦販売等で所有権が売主等にある場合は、使用している人が税を納めます。

種別と税率(年額)

原動機付自転車等の税率(年額)

種別

区分

税率(年額)

標識

原動機付自転車

50cc以下、又は0.6kw以下

2,000円

白色地、濃紺色文字

50cc超90cc以下、又は0.6kwを超え0.8kw以下

2,000円

薄黄色地、濃紺色文字

90cc超125cc以下、又は0.8kwを超え1kw以下

2,400円

薄桃色地、濃紺色文字

ミニカー

20cc超50cc以下、又は0.25kwを超え0.6kw以下

3,700円

薄青色地、濃紺色文字

小型特殊自動車

農耕用最高速度35km/h未満

2,400円

薄緑色地、濃紺色文字

その他最高速度15km/h以下

5,900円

軽二輪

125cc超250cc以下

3,600円

白色地、緑色文字

二輪の小型自動車

250cc超

6,000円

白色地、緑色文字

雪上車

3,600円

白色地、緑色文字

三輪以上の軽自動車の税率(年額)

種別

旧税率

(年額)

※1

標準税率

(年額)

※2

グリーン化特例※3

重課税率

(年額)

※4

標識

軽減割合

税率(年額)

軽三輪

3,100円

3,900円

75%

1,000円

4,600円

白色地、緑色文字

50%

2,000円

25%

3,000円

貨物

自家用

4,000円

5,000円

75%

1,300円

6,000円

黄色地、黒色文字

50%

2,500円

25%

3,800円

営業用

3,000円

3,800円

75%

1,000円

4,500円

黒色地、黄色文字

50%

1,900円

25%

2,900円

乗用

自家用

7,200円

10,800円

75%

2,700円

12,900円

黄色地、黒色文字

50%

5,400円

25%

8,100円

営業用

5,500円

6,900円

75%

1,800円

8,200円

黒色地、黄色文字

50%

3,500円

25%

5,200円

※1.平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両について適用

※2.平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両について適用

※3.グリーン化特例の優遇措置は最初の新規検査を受けた翌年度のみ適用(適用要件は下表参照)

※4.地球環境保護の観点から、最初の新規検査から13年を経過した三輪以上の軽自動車(電気自動車等は除く)について、重課税率が適用されます。

 

【グリーン化特例:平成30年度~令和3年度適用要件】
75%軽減
対象車
電気自動車及び天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制に適合するもの又は平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの)
50%軽減
対象車
平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもの又は平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもののうち
・乗用…令和2年度燃費基準値より30%以上燃費性能の良いもの
・貨物用…平成27年度燃費基準値より35%以上燃費性能の良いもの
25%軽減
対象車
平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもの又は平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもののうち
・乗用…令和2年度燃費基準値より10%以上燃費性能の良いもの
・貨物用…平成27年度燃費基準値より15%以上燃費性能の良いもの

 

手続きに必要なもの(原動機付自転車・ミニカー・小型特殊自動車の場合)

申告の内容

印鑑(納税義務者印)

標識交付証明書

標識
(ナンバープレート)

販売証明書

廃車申告受付書

譲渡証明書

住所確認できるもの

新規登録

新規購入

 

 

 

 

転入

廃車済

 

 

 

 

未廃車

 

 

 

譲渡

廃車済

 

 

 

未廃車

 

 

廃車

 

 

 

  • 法人の場合は代表者印の押印が必要です。詳細につきましては税務課税務係にお問い合わせください。
  • 港区の標識がついた原動機付自転車を譲り受け登録する場合は、まず廃車手続きが必要になります。その際、標識番号は変更になります。詳細につきましては税務課税務係にお問い合わせください。
  • 住所が確認できるもの
    個人=運転免許証、マイナンバーカードなど
    法人=登記簿謄本(写し可)、印鑑証明書、到着郵便物、公共料金領収書、法人番号の通知(写し可:国税庁法人番号公表サイトからの印刷も含む)など※法人が支店等の場合は不可
  • ナンバープレートの紛失
    廃車の際にはナンバープレートを返還していただきますが、紛失などで返却できない場合は200円の弁償金を納めていただきます。ただし、盗難で廃車の場合は、警察への盗難届受理番号が確認できれば、無料にてお手続きが可能です。その場合は、届出先の警察署名及び受理番号をお申し出ください。
  • 登録内容の変更、ボア・アップ等の改造車の登録については事前に税務課税務係にお問い合わせください。
  • 代理人が窓口にお越しになる際は、代理人の本人確認書類が必要です。また、申請書に納税義務者の押印がないと受付できませんのでご注意ください。
  • 納税義務者の住所地と定置場が異なる場合、その住所の確認できるものが必要です。

納税の方法

毎年5月中旬までに納税通知書をお送りしています。納期限は5月31日ですので、この日までに納めていただくことになります。

軽自動車税(種別割)は、賦課期日である4月1日所有の方に1年間の税金を1回で納めていただきます。4月2日以降に廃車・名義変更などの手続きをしても、当該年度の税額は納付していただく必要がありますのでご注意ください。反対に賦課期日までに廃車などの手続きが終了していれば課税されません。

軽自動車税(種別割)の減免

納期限までに申請してください。次の理由の場合には減免が受けられます。

  1. 障害者本人が運転する場合 
  2. 生計を同じくする人が障害者のために運転する場合
  3. 専ら障害者が利用するための構造になっている軽自動車を所有する場合
  4. 戦傷病者手帳の交付を受けている場合
  5. 生活保護の扶助を受けている場合
  6. 災害などで生活が困難になった場合
  7. その他特別の理由がある場合

※1・2は障害者または障害者と生計を同じくする人が所有する軽自動車に限ります。
 減免は普通自動車・軽自動車あわせて1台のみです。

※減免を受けられる障害の範囲

  • a.身体障害者手帳またはb.戦傷病者手帳……下表参照
  • c.愛の手帳……総合判定1度~3度
  • d.療育手帳……総合判定A(重度)
  • e.精神障害者保健福祉手帳……1級または国民年金法施行令別表に定める1級の精神障害の状態と同程度の状態にある人

障害の区分

a.身体障害者手帳

b.戦傷病者手帳

下肢不自由

1級~6級

特別項症~第6項症、
第1款症~第3款症

体幹不自由

1級~3級、5級

特別項症~第6項症、
第1款症~第3款症

乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害

上肢機能

1級、2級(1上肢のみに運動機能障害がある場合を除く)

移動機能

1級~6級

上肢不自由

1級、2級

特別項症~第3項症

視覚障害

1級~3級、4級の1

特別項症~第4項症

聴覚障害

2級、3級

特別項症~第4項症

平衡機能障害

3級、5級

特別項症~第4項症

音声機能または言語機能障害

3級(こう頭摘出に係るものに限る)

特別項症~第2項症(こう頭摘出に係るものに限る)

心臓機能障害

1級、3級、4級

特別項症~第3項症

呼吸器機能障害

1級、3級、4級

特別項症~第3項症

膀胱または直腸の機能障害

1級、3級、4級

特別項症~第3項症

小腸の機能障害

1級、3級、4級

特別項症~第3項症

じん臓機能障害

1級、3級、4級

特別項症~第3項症

ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

1級~4級

肝臓の機能障害

1級~4級

特別項症~第3項症

環境性能割

消費税率10%への引上げ時における自動車取得税の廃止に伴い、令和元年10月1日から、新たに軽自動車税に環境性能割が創設されました。三輪以上の軽自動車の取得時にかかる税金として、取得価格にそれぞれの燃費基準に応じた下記の税率が適用されます。ただし取得価格が50万円以下の場合は課税されません。

環境性能割の税率

環境性能割2

当分の間、東京都が徴収事務を代行します。 

手続き先・お問い合わせ先

登録・廃車等の手続き場所は車種によって異なります。

原動機付自転車・ミニカー・小型特殊自動車

手続き先:各総合支所(台場分室を含む)区民課窓口サービス係(芝地区は相談担当)

  • 芝地区総合支所
    港区芝公園1丁目5番25号
    電話:03-3578-3170
  • 麻布地区総合支所
    港区六本木5丁目16番45号
    電話:03-5114-8821 
  • 赤坂地区総合支所
    港区赤坂4丁目18番13号
    電話:03-5413-7012
  • 高輪地区総合支所
    港区高輪1丁目16番25号
    電話03-5421-7612
  • 芝浦港南地区総合支所
    港区芝浦1丁目16番1号
    電話03-6400-0021 
  • 台場分室
    港区台場1丁目5番1号
    電話03-5500-2351

二輪の小型自動車・軽二輪車

手続き先:東京運輸支局
品川区東大井1丁目12番17号
050-5540-2030

軽三輪・四輪の軽自動車

手続き先:軽自動車検査協会
港区港南3丁目3番7号
050-3816-3100

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部税務課税務係

電話番号:03-3578-2111(内線:2590)

ファックス番号:03-3578-2634