現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度(長寿医療制度) > 後期高齢者医療制度に加入していた人の葬祭費の手続き

ここから本文です。

更新日:2020年7月3日

後期高齢者医療制度に加入していた人の葬祭費の手続き

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った人(葬祭執行者)に、申請により葬祭費として7万円が支給されます。

申請期間

葬儀を行った日の翌日から2年以内。

申請窓口

  • 各総合支所区民課窓口サービス係(芝地区総合支所は相談担当)
  • 台場分室
  • 国保年金課高齢者医療係

※郵送での申請をご希望の場合は、申請書を事前に送付しますのでご連絡ください。

窓口申請の際に必要なもの

  • 亡くなった人の被保険者証
  • 亡くなった人のマイナンバーが確認できる書類
  • 葬儀代金の領収書(原本)※葬祭執行者のフルネームの記載のあるもの
  • 葬儀執行者名義の振込先口座の確認できるもの
  • 来庁者の本人確認のできる公的証明書(運転免許証、パスポート等、被保険者証等)
  • 印鑑

葬儀執行者と申請者及び振込先が異なる場合は、別途委任状が必要となります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課高齢者医療係

電話番号:03-3578-2111(内線:2654~2659)