現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度(長寿医療制度) > 後期高齢者医療制度の保険料

ここから本文です。

更新日:2021年7月1日

後期高齢者医療制度の保険料

  • 加入者は、病気やケガをしたときの療養費などの支払いに充てるため、医療費の総額の一定割合を保険料として納めていただきます。
  • 保険料は、国や都、区市町村からの負担金や補助金及び他の医療保険からの支援金などと合わせて、後期高齢者医療制度の運営のための貴重な財源となります。
  • 保険料は東京都後期高齢者医療広域連合が条例で定めます。

後期高齢者医療制度の財源構成

後期高齢者医療制度は、医療機関の窓口で支払う窓口負担分を除いた医療費を公費(国、都、区)で約5割、現役世代からの支援金(若年者0~74歳の保険料)で約4割、残りの約1割が被保険者の負担でまかなわれています。

年間保険料について

  • 後期高齢者医療制度の年間保険料は、7月に東京都後期高齢者医療広域連合が決定します。翌年3月(年度末)までの期間の月割り計算を行い、7月中旬に区から通知をお送りします。
  • 年度の途中で資格取得をした人は、加入月数により保険料計算を行います。(例:10月取得→10月から年度末3月までの6か月分の保険料が発生します。)
  • 保険料は加入者一人ひとりに納めていただくことになります。
  • 保険料の額は、加入者一人あたり均等に課される均等割額と、所得に応じて決定される所得割額の合計額です。(保険料の百円未満切捨て)※限度額は64万円
  • 均等割額は加入者一人あたり44,100円です。
  • 所得割額は、賦課のもととなる所得金額×所得割率(8.72%)で求められる額です。

 

東京都の保険料額(限度額64万円) = 均等割額:被保険者1人当たり44,100円 + 所得割額:賦課のもととなる所得金額×東京都の所得割率8.72%

 

 『賦課のもととなる所得金額』とは前年の総所得金額等の合計から基礎控除額(43万円※合計所得金額が2,400万円以下の場合は43万円です)を控除した額です。

均等割額、所得割額にはそれぞれ軽減措置が設けられています。

保険料の計算はこちら(外部サイトへリンク)(東京都後期高齢者医療広域連合オフィシャルサイト:東京いきいきネットへ)

保険料の納付方法

保険料の納付方法は、普通徴収(納付書、口座振替)及び特別徴収(年金からの天引き)があります。

※口座振替を希望される場合は、「口座振替(自動払込)依頼書」を、電話で高齢者医療係へご請求ください。

※Web口座振替受付サービスを利用して登録することもできます。

Web口座振替受付サービス(詳しくはこちらをご覧ください。*税務課のページにリンクしています。)

納付金額の確認

納付状況確認書(確定申告・年末調整等)

1年間(1月から12月)に納付していただいた、後期高齢者医療保険料の総額の確認書です。発行手数料は無料です。確定申告や年末調整などの際に、後期高齢者医療保険料の納付金額を確認したい場合にご利用ください。(金融機関への融資申込み時や外国人の在留資格延長申請時等に利用できる「納付額証明書(有料)」とは別物になりますのでご注意ください。)

申請方法(下記のいずれかの方法で申請してください。)

1 インターネットによる申請

下記サイトから申請してください。

東京共同電子申請・届出サービス(外部サイトへリンク)

※申請受付後、郵便で送付します。

2 電話による申請

お問い合わせ:03-3578-2654~2659(国保年金課高齢者医療係)

受付時間:平日午前8時30分~午後5時

3 窓口での申請

申請場所:各地区総合支所区民課窓口サービス係または国保年金課高齢者医療係の窓口(港区役所本庁舎3階)

持ち物:本人確認書類(免許証・パスポートなど)、代理人申請の場合は委任状、代理人の本人確認書類

受付時間:平日午前8時30分~午後5時

※2 電話での申請につきましては、被保険者ご本人様または同一世帯員の方からの受付が可能です。代理申請をご希望の場合は、委任状および本人確認書類をお持ちになり、上記3の窓口へお越しください。

※口座振替、または特別徴収(年金からの天引き)と普通徴収(納付書払いや口座振替)の両方で納付していただいた方については、毎年1月下旬に前年の納付済み金額のお知らせをお送りします。

※金融機関・ゆうちょ銀行(郵便局)・コンビニエンスストア等で納付した場合、この納付状況確認書(納付済み金額のお知らせ)に納付額が記載できるまでに最長14日程度かかります。口座振替の場合も同様です。あらかじめご了承ください。

納付額証明書(融資申込み・在留資格延長申請等)

年度ごと(4月から翌年3月まで)の保険料の賦課額(納めなければならない保険料の総額)に対して納められた保険料額(納付済額)についての証明書です。発行手数料は1通につき300円です。金融機関への融資申込みや外国人の在留資格延長申請等に利用できます。

申請方法

申請場所:国保年金課高齢者医療係の窓口(港区役所本庁舎3階)

持ち物:本人確認書類(免許証・パスポートなど)、代理人申請の場合は委任状、代理人の本人確認書類

受付時間:平日午前8時30分~午後5時

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課高齢者医療係

電話番号:03-3578-2654~2659