ここから本文です。

更新日:2020年7月3日

特定疾病療養受療証

下記の疾病で高度の治療を長期間継続して受ける必要がある人は、区の窓口に申請し、広域連合で認定されると「特定疾病療養受療証」の交付を受けることができます。この受療証を医療機関の窓口に提示することで、特定疾病の自己負担限度額は一つの医療機関につき月額1万円となります。

特定疾病療養受療証の対象になる疾病
  • 先天性血液凝固因子障害の一部(血友病)
  • 人工透析が必要な慢性腎不全
  • 血液凝固因子製剤の投与に起因する(血液製剤による)HIV感染症

今まで加入していた保険で「特定疾病療養受療証」を交付されていた人も、新たに後期高齢者医療制度に加入した場合は、改めて区の担当窓口に申請が必要です。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課高齢者医療係

電話番号:03-3578-2111(内線:2654~2659)