現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 都市緑化・自然環境 > 生物多様性 > 学校プールのヤゴ救出観察会

ここから本文です。

更新日:2021年12月17日

学校プールのヤゴ救出観察会

夏の水泳シーズンが終わり使われなくなった学校のプールでも、そのまま水を貯めた状態にしておくと、トンボがタマゴを産みにきて、タマゴからふかしたヤゴが成長します。秋から次の春までの間、ヤゴの他にも何種類もの水生昆虫が生息していますが、プール開きの前の掃除の時にプールの水と一緒に下水に流され、ヤゴはトンボになれないまま死んでしまいます。

そこで、プールの中に生息しているヤゴ等の水生昆虫たちを、プール清掃の前に小学生児童が網ですくい取って助け、それらの生きものを観察します。

大都会東京のど真ん中、高層ビル群の谷間の小学校の屋上プールにも、様々な生きものがすんでいます!

救出観察会の実施報告

令和3年度

芝小学校、御成門小学校で学校プールのヤゴ救出観察会を行いました。3年生のみなさんに参加していただき、2校で877匹のヤゴを救出することができました!なお、東町小学校では生徒の参加は見合わせ、環境課職員と生物多様性みなとネットワーク会員でヤゴを救出しました。

実施結果
学校名 実施日 時間

実施学年

ネットワーク会員協力 ヤンマ型 アカトンボ型 シオカラトンボ型 イトトンボ型
東町小学校

5月21日

14時00分~15時30分

-

2名

26匹

113匹

175匹

9匹

御成門小学校

5月26日

9時25分~10時15分

3年生2クラス70名

3名

2匹

29匹

756匹

2匹

芝小学校

6月2日

8時30分~10時00分

3年生2クラス76名

4名

74匹

4匹

7匹

3匹

救出したヤゴ

2021ヤンマ型

ヤンマ型

2021アカトンボ型

アカトンボ型

2021シオカラトンボ型

シオカラトンボ型

2021イトトンボ型

イトトンボ型

参考資料

令和2年度

  • 芝小学校【令和2年7月2日】
  • 御成門小学校【令和2年7月3日】

令和元年度

  • 東町小学校【令和元年5月23日】
  • 芝小学校【令和元年5月30日】
  • 御成門小学校【令和元年6月7日】

平成30年度

  • 御成門小学校【平成30年5月30日】

次年度に向けて

次年度の救出観察会に向けて、学校の授業でのプール利用が終了したタイミングで、トンボの産卵を促す仕掛けを設置しています。

ギンヤンマやイトトンボは水に直接卵を産まず、水辺に生える植物の葉や茎、水に浮かぶ枝などに卵を産み付けます。そのようなトンボが、草や枝のない学校プールでも産卵ができるようにする仕掛けです。

また、ヤゴのエサとなるユスリカやカゲロウの幼虫などの小さな虫を増やすため、区内の公園から提供していただいた水草を一緒に浮かべています。

仕掛け1 仕掛け2

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課緑化推進担当

電話番号:03-3578-2331

ファックス番号:03-3578-2489