現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > お知らせ > 障害のある人とのコミュニケーションハンドブックを作成しました

ここから本文です。

更新日:2021年1月16日

障害のある人とのコミュニケーションハンドブックを作成しました

概要

区は、令和元年12月1日、手話が言語であることの理解や障害者の多様な意思疎通手段の利用の促進をするため「港区手話言語の理解の促進及び障害者の多様な意思疎通手段の利用の促進に関する条例」を施行しました。

障害者が住み慣れた地域で安心して暮らすことができる地域共生社会の実現に向け、障害者の多様な意思疎通手段の利用の促進に関する取組を一層強化するため、配慮の実践に活用できるハンドブックを作成しました。

作成にあたっては、港区障害者差別解消支援地域協議会等のご意見をいただきました。

「コミュニケーションハンドブック」の表紙画像

配布について

  • 音声コード及びふりがなが入った冊子を令和3年2月以降、各地区総合支所、区民センター等区有施設で配布します。

※ 配布を開始しましたら、あらためてご案内します。

内容

  • 基本的な配慮のポイントの紹介
    多くの障害のある人に共通する配慮のポイント(話しかけるとき、話を聞くとき、話すときや説明をするとき)を分かりやすく紹介しています。
  • 障害の種別ごとに配慮や声をかけるときのポイントを紹介
    障害の種別(視覚、聴覚、肢体不自由、発達、知的)ごとに配慮や声をかけるポイント、コミュニケーション手段の例をイラストとともに分かりやく紹介しています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部障害者福祉課障害者福祉係

電話番号:03-3578-2670

ファックス番号:03-3578-2678