現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > お知らせ > 手話啓発ハンドブック「手話を知ろう!」を作成しました

ここから本文です。

更新日:2020年11月3日

手話啓発ハンドブック「手話を知ろう!」を作成しました

概要

令和元年12月1日に「港区手話言語の理解の促進及び障害者の多様な意思疎通手段の利用の促進に関する条例」を施行しました。

区は、子どもたちに小さな頃から、手話に興味を持ち、学ぶとともに、手話が言語であることの理解を促進するため、イラストを活用した手話啓発ハンドブックを作成しました。

本冊子は、子どもから大人まで活用できる冊子となっております。ぜひご覧ください。

冊子の表紙・裏表紙

内容

  • 聴覚障害者が困っていること
  • イラストと文字による手話の紹介(あいさつ、思いを伝える、日時・交通、災害時、オリンピック・パラリンピックなど、自己紹介)
    ※「ちぃばす」や「東京タワー」など港区ならではの手話も紹介しています。
  • サポートするときのポイント
  • 「港区手話言語の理解の促進及び障害者の多様な意思疎通手段の利用の促進に関する条例」抜粋

配布について

  • 港区立小学校の3年生~5年生、港区立中学校の1年生~2年生に配布しています。
  • 各地区総合支所区民課、障害者福祉課(港区役所)、障害保健福祉センター等で配布しています。
    ※在庫限り

問合せ

障害者福祉課障害者福祉係
電話:03-3578-2670
ファックス:03-3578-2678

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部障害者福祉課障害者福祉係

電話番号:03-3578-2670

ファックス番号:03-3578-2678