現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者福祉 > 日常生活の支援 > 中等度難聴児発達支援事業

ここから本文です。

更新日:2020年11月14日

中等度難聴児発達支援事業

内容

港区内に在住する18歳未満の児童で、補聴器の装用により言語習得等一定の効果が期待できる、次のいずれにも該当する児童に補聴器購入費の一部を助成します。

支給基準額

1台あたり 137,000円。

助成額

基準額の9割(生活保護世帯、区民税非課税世帯は全額)

対象

  1. 身体障害者手帳(聴覚障害)交付の対象となる聴力ではなく、両耳の聴力レベルが概ね30デシベル以上であること。
  2. 耳鼻咽喉科医師による医師の意見書が提出できること。
  3. 交付対象児童が属する世帯員の最多区民税所得割課税者の課税額が46万円未満であること。

窓口・お問い合わせ

各総合支所 区民課 保健福祉係

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口