• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者・介護 > 生活の援助(福祉サービス) > 生活支援体制整備事業

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年6月27日

生活支援体制整備事業

地域で高齢者の在宅生活を支えるために、介護保険制度でのサービスのみならず、区や社会福祉協議会等が実施している公的な福祉サービスや、民間企業のサービス、さらに、地域の支え合いで行われているサービスなど、各実施主体の連携や情報共有と介護保険外のサービスの活用が重要となります。

港区では、平成29年4月から、生活支援体制推進会議の設置や生活支援コーディネーターの配置などを行う生活支援の体制を整備する事業を実施し、各サービス実施主体の連携等を強化し、地域のニーズに沿った新たな生活支援サービスの構築や担い手の養成を行います。

生活支援体制推進会議とは?

社会福祉法人や民間企業など、多様な関係機関の定期的な情報共有及び連携・協働による取り組みを、区が主体的に推進するために、「生活支援体制推進会議」を設置し、区全体で年2回、地区ごとに2回ずつの計12回開催します。

地域情報マップとは?

生活体制整備事業において、高齢者向けの講座や相談受付などを行っている公的機関をはじめ、高齢者が交流できるサロンや活動場所の情報、利用しやすい飲食店や買い物場所など、高齢者が選んだ地域のおすすめ情報を、各地区の住民にアンケートを行い、収集しました。収集した情報を「見える化」するためにマップとして作成したものです。

平成29年度には芝地区、平成30年度には麻布地区と高輪地区のマップを作成しました。

生活支援コーディネーターとは?

社会福祉の専門職である生活支援コーディネーターを区内に3名配置し、高齢者のニーズや地域資源の状況把握、不足するサービス・支援の創出、ボランティア等担い手の発掘・養成、地域住民に対する活動の普及啓発などを実施し、高齢者の生活支援の基盤整備を推進します。

生活支援体制整備事業の効果は?

高齢者の孤立化を防ぎ、日常生活上のちょっとしたお手伝いなどに対応できるなど、困りごとが減少することはもちろん、公的サービスだけでなく、地域のさまざまな人たちで高齢者を支える地域の仕組みが構築されます。

お問い合わせ

港区保健福祉支援部高齢者支援課在宅支援係

電話:03-3578-2400~2406

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部高齢者支援課在宅支援係

電話番号:03-3578-2400

ファックス番号:03-3578-2419