現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和4年度学習内容 > 老年期の心理-生涯発達心理学の立場から-

ここから本文です。

更新日:2022年7月30日

老年期の心理―生涯発達心理学の立場から―

6月1日(水曜)1時限:野村信威

本講義では老年期の心理や発達課題について、人間の誕生から死までの生涯を通して生じる量的・質的変化である生涯発達という立場から紹介しました。エリクソンの心理社会的発達モデルでは、老年期の課題は自我の統合対絶望というふたつの感覚から生まれる葛藤を解決することだとされています。

また、サクセスフル・エイジングや老化の遺伝的要因、高齢者にとっての幸せとは何か、成熟したパーソナリティなどのトピックについて紹介しました。さらに代表的な知能検査であるウェクスラー成人知能検査の具体的な検査内容を紹介し、従来は人の知能のピークは20-30歳と考えられていたのに対して、近年の研究では一部の知能は60歳前後まで上昇し、その後の知能の低下も緩やかなことを報告しました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626