現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和4年度学習内容 > バッハ・カンタータの愉しみ―鑑賞―

ここから本文です。

更新日:2023年2月2日

バッハ・カンタータの愉しみ―鑑賞―

11月26日(土曜):樋口隆一

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685~1750)は、西洋音楽史の鍵となる作曲家である。

11月26日の鑑賞会では、カンタータがバッハの生涯における重要な位置を占めることを指摘し、樋口隆一指揮明治学院バッハ・アカデミー合唱団の演奏により、バッハのカンタータ第4番《キリストは死の縄目につきたまえり》、第12番《泣き、嘆き、憂い、おののき》、カンタータ第147番《心と口と行いと生活で》、モテット《すべての異教徒よ、主を誉めまつれ》、ミサ曲ロ短調終曲《われらに平和を与えたまえ》を鑑賞し、講義内容の具体的理解を助けた。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626